残土処理問題について|ベルトコンベアーについて

男の人
工場

ベルトの取り換えについて

ベルトコンベアーというのは、コンベアベルトをローラーの回転運動により稼働させて搬入物運搬を行います。しかし、コンベアベルトは長期使用より断裂してしまうことがあるのです。コンベアベルトが断裂した際には、修理業者に相談すると良いでしょう。

飽和による処理問題

工事現場

土木工事及び建設・解体工事現場等の様々な工事現場における基礎工事を始めとした全ての工事工程において、残土と呼ばれるものは必ず発生するものです。残土というのは、建設副産物であり、建設発生土とも呼ばれます。残土と呼ばれるものは、基礎工事において地面を掘り起こした際に発生する不良土や汚泥、建築・解体工事においてはコンクリートガラや転石が残土と呼ばれます。木の伐採業においても、伐採材や伐根というものが発生し、それらも残土に含まれます。それらの全ての残土は、形状や大きさがバラバラで強度も足りないため、再利用が困難なものとなっています。そのため、残土処理を行う必要があるのです。しかし、残土処理には幾つかの問題があります。
残土処理というのは、残土が発生した現場から残土を運搬し、廃棄物処理場や工事事業者が保有する残土保管場に移動させることを指します。残土の運搬を行った際には、廃棄物埋立処理や保管を行う必要があるでしょう。この残土処理の問題というのは、毎年発生している残土の量にあります。平成二年における残土の残体発生量は約7600万t、5年経過した平成七年においては全量約9900万tと3300万tも増加しています。平成十二年には全量は約12700万tにも及び、年々増加している傾向がみられるのです。そのため、廃棄物埋立地も残土保管場も飽和状態となってしまっています。新規に廃棄物埋立場を設ける予定も無いため、残土の処理が年々困難なものとなっているのです。

瓦礫

振動篩機の必要性について

振動篩機というのは、土質改良機や粉砕機による建設発生土の再利用化を行う前に、建設発生土に混入してしまっている産業廃棄物を分別し取り除くための特殊機械です。産業廃棄物の除去は、再利用化のために必ず行わなければならないものとなっています。

工場

様々なコンベア

ベルトコンベアーというのは、基本的にコンベアベルトに乗せて安定する搬入物の自動運搬を行います。しかし、様々なコンベアの中には、二対の対面するコンベアベルトの駆動により安定性のない搬入物をグリップし自動運搬できるものがあるのです。